記念日にお金をかけられない?遠距離恋愛しているときの記念日はどうする?

 


遠距離恋愛をしていると、会える機会も少なくて、記念日やイベントを一緒に過ごせないこともあるかと思います。
会えたとしても、宿泊、交通費などなど普通のデートに比べると費用がかかってしまい、プレゼントやディナーどころではない場合も。
遠距離でもイベントを楽しむための秘訣を実体験を元に紹介します!

①付き合って何ヶ月記念日は基本的にやらない

元々お互い付き合いだした記念日を気にしないのもありますが、頻繁にあえるわけじゃないので、最早スルーしています笑
意外と1カ月ってあっという間に過ぎるんですよね~。お互い記念日に敏感なら毎月やっても問題なさそうですが、どちらか片方がそこまでマメでない場合、やらない方が無難です。

その代わりに、一年記念日のときはちょこっとサプライズしてみました。
1年間の楽しい旅行の思い出をアルバムに!
節目は人それぞれだと思いますが、遠距離だと余計に”特定のその日”よりも”会えたそのとき”が大事になるなと思います。

②誕生日やイベントを一緒に祝う

私の彼の誕生日は1月なので、比較的バレンタインが近いです。
一月中にどうしても会えなかったとき、そのあと2月に手作りのガトーショコラと誕生日プレートをサプライズで用意しました!
イベントとしてはひとまとめになってしまいましたが喜んでくれました。

あと、クリスマスの日付は気にせず、11月~12月の間で会えた日にクリスマスデートをしています。クリスマス付近のデートは、街は混雑し、レストランはスペシャルプライスで高くなる、そもそも予約が取れない、など様々な弊害が生じます。会えた早めのタイミングでクリスマスデートを済ませてしまうのは、結構合理的であるなと感じています。早めに済ませてしまうとクリスマス当日に少し寂しさも感じますが、大体が普通の平日。クリスマスを事前に済ませてしまえば後悔もなく、その当日の寂しさは年末の忙しさにまみれてすぐに忘れてしまうことでしょう。クリスマスについては次でもう少し掘り下げてみます。

③華やかなクリスマスに固執しすぎない

クリスマスといえば、プレゼント。しかし、その常識にとらわれず、「クリスマスプレゼントを必ず渡すのをやめること」をすると、金銭的にも精神的にも気楽になります。「そんなの寂しいし無理だ」と思われる方もいるかもしれません。私ももともとクリスマスはちょっと良いプレゼントを渡してちょっと美味しいものを食べる派です。ですので、プレゼントを渡さないことに最初は正直抵抗ありました。でも、彼がクリスマスに無頓着なのをきっかけによくよく考えてみたら、わざわざクリスマスに誕生日プレゼントと同等に近いものを渡す必要はなかったんだなと気付きました。

プレゼントにいくらかけるかは人それぞれだと思いますが、誕生日にお財布、クリスマスにマフラー、記念日におそろいの時計、、といったように、記念日やイベントでもプレゼントを渡していると年間でかなりお金をかけることになります。また、頻繁にプレゼントを渡すことで、新鮮味やありがたみがなくなったり、プレゼントの案が枯渇したりすることが早まってしまうのではないかと思います。遠距離で年に会う回数が少ないと余計に、年1回の誕生日プレゼントを全力で考えた方が、楽しくてありがたみがあるかもしれません。「クリスマス=プレゼントをあげる日」、ではなく、「クリスマス=デートを楽しむ日」くらいの認識で十分ですね。お互いのお財布事情を共有し合って、年間を通して無理のないプレゼント交換をすることをおすすめします!

あと、美味しいディナーも特別なときに取っておくのもありなのかなと思います。おうちでチキンでも、KFCでチキンでも、そのときに食べたいと思ったものを、そのとき食べたい場所で食べれば十分。数年に一度クリスマスに美味しいディナーに行くのもありかもしれないですね。まぁ、そこに関しては私が場慣れしてなくてライトな方が気楽なだけかもしれません。笑

とにかく、クリスマスはお財布事情の範囲内で楽しみましょう!プレゼントは強制ではないんですよ!(ただ、もらったらうれしいし、いらないわけじゃないってところは主張しておきます!笑)

④お祝いのタイミングで会えるのであれば全力で喜ぶ

誕生日のその日に会うことが、遠距離をしているとなかなか困難です。
土日と重なれば良いですが、なかなかそうもいかないですよね。
それでも、相手がどうにか誕生日当日に来てくれる…!
そうなったときはこれは奇跡なんだ!と思うくらいの感覚で大喜びする!
その日過ごした素敵な思い出以上に、彼が来てくれたその事実が嬉しいと思えることが大切だなと感じています。

とにかく「当日にこだわり過ぎないこと」が大切です。
嘆いても物理的な距離というのは縮まるものではありません。
記念日に会えないことを嘆くよりも、会えるときをもっと楽しむために記念日を利用するくらいの気持ちでいたら、遠距離がもっと楽しくなると思います。
ぜひ一度、彼と記念日の過ごし方を一緒に考えてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

ぺっぱーと申します! 遠距離恋愛の経験を活かして皆様のハッピーカップルライフをサポートしたいなと思っております! よろしくお願い致します。